住宅宿泊管理業

住宅宿泊管理業とは

新たな「民泊」という仕組のルールとしての民泊新法により、民泊運営者が不在となる形で運営をすると住宅宿泊管理業者という資格が義務化されます。

住宅宿泊管理業者になるためには国土交通大臣への登録が必要になり、家主不在型の住宅宿泊事業者に対しては、住宅宿泊管理業者へ住宅の管理「近隣とのトラブルの対応や宿泊者の本人確認と名簿の作成」「賠償保険への加入」「カギの管理やゴミ出しルールの告知」などを委託することが義務付けられています。

さらには、住宅宿泊管理業者の職員には、民泊に関するトラブルに対して、どのように対応をするかといった研修も求められ、トラブルを放置していた場合、管理者は登録を取り消されて、営業を禁止される場合もあります。

住宅宿泊事業者が行うべき業務代行

住宅宿泊管理業者は、住宅宿泊事業者の委託を受けて、届出住宅の維持保全をしなければなりません。

維持保全とは、住宅宿泊事業者が行う住宅の衛生管理や安全管理、周辺住民への対応などです。それらの業務を当社GLOBAL INN NETWORKS(グローバルインネットワークス)が対応致します。